仮放免が許可された!

仮放免の申請はけっして手探りで進めるべきものではなく、きちんと行政書士さんにお願いすべき申請であると実感してしまいました。友人が不許可になりとても残念だったのですが、行政書士さんいわく、初回の対応が誤ってしまったのだということで、この対応を誤るとやはり仮放免なんてものは出ないのです。
仮放免を申請しているということは入管に拘束されているからなのですが、拘束された理由というのがあるわけで、むやみに拘束されているわけではなく、そうすると、簡単には解放してくれないのは明らかです。でも本人のためには、何とか解放して欲しいというわけです。